鈴木ゆり子プロフィール

鈴木 ゆり子(すずき・ゆりこ)
1950年、群馬県生まれ。21歳で結婚して以来、バリバリの専業主婦として3人の子どもを育てる。その傍ら、9年前まで、工業用ミシンを踏みながら、洋服製作などの内職をする。

1998年、職がなかなか見つからず、ハローワークにて、自らの学歴が高校中退=中卒ということを初めて知り、一念発起。埼玉県北部地域でアパート経営を開始。わずか9年で、アパート・一戸建ての不動産投資で、20棟200戸、資産総額5億円にまで伸ばし、現在の年収は1億円を突破。

2007年7月に、東武伊勢崎線の羽生駅西口前に、不動産の賃貸・売買・仲介・管理を行う店舗をオープン。

見た目は完全な田舎のオバチャンだが、誰も見向きもしないボロ物件をお宝物件にする能力、主婦感覚を活かした管理・運営ノウハウ、語学力ゼロにもかかわらず体当たりで外国人や占有者と交渉する能力はすごい!と業界内でも秘かに話題になっている。座右の銘は「死ぬ命をかかえて生きる」。本書が初の著書。現在、埼玉県羽生市在住。

【有限会社スズヨシ】
http://ooyajyuku.net/
Email:info1@suzuyosi.org